DGE紅白部落

關於部落格
個人的牢騷和對各種作品的心得感想
  • 80750

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

季節は次々死んでいく







季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる
色めく街の 酔えない男
月を見上げるのはここじゃ無粋


四季一個個死去 
最後一口氣的呻吟,已幻化為風
色彩繽紛街道上的不醉男人
抬頭望向明月,實在不合時宜


泥に足もつれる生活に
雨はアルコールの味がした
アパシーな目で 彷徨う街で
挙動不審のイノセント 駅前にて


生活已深陷泥沼
雨有著酒精的味道
街道間四處徘徊,帶著空洞的眼神
車站前,那形跡可疑的天真


僕が僕と呼ぶには不確かな
半透明な影が生きてる風だ
雨に歌えば 雲は割れるか
賑やかな夏の干からびた命だ


已不能確定我是否還是我自己
彷彿連著半透明的影子,活著
如果對著大雨歌唱,能否劃破烏雲
生命源源不絕的盛夏裡,我是如此枯竭


拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩
最低な日々の 最悪な夢の
残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと


敬啟者 向令人嫌惡的過去 
宣告從此再無瓜葛的詩句
難受的每個日子,痛苦的噩夢
終止它們的呼吸,不留一片殘骸



後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩
苦悩にまみれて 嘆き悲しみ
それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも


下個世代花兒盛開時 
向你傳達已事過境遷的詩句
雖然現在被苦惱佔據,嘆息與悲傷
但縱使不見天日,歌聲從不間斷

 

明日は次々死んでいく
急いても追いつけず過去になる
生き急げ僕ら 灯る火はせつな
生きる意味などは後からつく


明日一天天死去 
再怎麼焦躁追趕,也只成為過去
急著向前邁進的我們
點燃的燈火是那樣短暫
活著的意義,之後才會顯現


君が君でいるには不確かな
不安定な自我が 君を嫌おうと
せめて歌えば 闇は晴れるか
根腐れた夢に預かった命だ


無法確定你是否還是原來的你
失衡的我告訴自己要厭惡你
至少嘗試歌唱,能否在黑暗中迎來曙光
生命已寄託於腐蝕的夢想


拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩
最低な日々の 最悪な夢の
残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと


敬啟者 向令人嫌惡的過去 
宣告從此再無瓜葛的詩句
難受的每個日子,痛苦的噩夢
終止它們的呼吸,不留一片殘骸


後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩
苦悩にまみれて 嘆き悲しみ
それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも


下個世代花兒盛開時 
向你傳達已事過境遷的詩句
雖然現在被苦惱佔據,嘆息與悲傷
但縱使不見天日,歌聲從不間斷


疲れた顔に足を引きずって
照り返す夕日に顔をしかめて
行こうか 戻ろうか 悩みはするけど
しばらくすれば 歩き出す背中


滿臉疲憊,步步拖行
夕陽返照在臉上,愁容相向
要前進嗎?要回去嗎?
煩惱了一陣子
張開步伐的背影


そうだ 行かねばならぬ
何はなくとも 生きて行くのだ
僕らは どうせ拾った命だ
ここに置いていくよ なけなしの


沒錯。一定要前去
縱使一無所有,還是要活下去
反正我們的命是賺到的
將那一點點的糾結,放下離開吧!



拝啓 今は亡き過去を想う 望郷の詩
最低な日々が 最悪な夢が
始まりだったと思えば 随分遠くだ


敬啟者 向你訴說已然逝去
回憶舊時的那思鄉詩句
難受的每個日子,痛苦的噩夢
以為才開始沒多久,距離卻已如此遙遠

 

どうせ花は散り 輪廻の輪に還る命
苦悩にまみれて 嘆き悲しみ
それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも


花終將凋謝,生命返向輪迴
雖然現在被苦惱佔據,嘆息與悲傷
但縱使不見天日,歌聲從不間斷


季節は次々生き返る
四季紛紛復活了


 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態